panterのまた~りブログ

panter.exblog.jp
ブログトップ

織物交易

イスパニアと言えばバルパルと言われているぐらいバルパル交易が主流になっている訳だが、あまりにも皆がこの交易路に殺到しすぎるとかなりの頻度でパルマ・バレンシア火器大暴落。 更には稀にバルセロナ火器大暴騰(マスケット仕入値5200という値段を見てビックリした時もある)ということになる。
この場合当然ながらバルパル以外の交易路を探さなければならない訳だが、その代替交易路として優秀なのがジェノヴァ→チュニスorトリポリのベルベット交易である。
地理的な条件もよく、いいクエに恵まれ、多種類の優良交易品が並んだジェノヴァは去年のプレオープン当時からポルトガルとイングランドが熾烈な投資戦を繰り広げた場所であるが、現在はイスパニアの同盟港になっている為、イスパニア人には交易品が多く、そして安く仕入れることができる。
この交易で重要なのは、ジェノヴァ→チュニスが時間的には4~5分ぐらいの距離にも関わらずベルベットが特産品扱いになるという事だ。(チュニスとトリポリが北アフリカ地域に区別される為)
という訳で利益もかなり稼げるが、一緒に経験、交易名声も獲得できる優秀な交易路である。
チュニス・トリポリでは主に工芸品>宝石>火器の割合で暴落している場合が多いのでジェノヴァ→ピサ往復でベルベットを中心にコンボ用のクロスボウも50個積んでおく。
一番望ましいのは、チュニスの相場が火器か宝石大暴落だとジェノヴァで銀細工・高級衣料も一緒に買うことができ、積み込み時間がほぼ半分になるという嬉しい状況だが、実際はそんなに甘くなく工芸品暴落してるか、そもそも銀細工・高級衣料の仕入れ値が170%という悲惨な状況なので結局黙々とベルベットを積むことになる。
初心者で注意しなければならない点は、ジェノヴァに限らないがある程度投資しないと美味い交易品が店に並ばないということである。(余談になるが、自分は去年の夏ぐらいまでベルベットという物の存在を知らなかった^^;)
この交易路は利益が買い相場・売り相場によってかなり影響を受けるため中々いつも行うという訳にはいかないが、バルパルの代替としてはとても優秀な交易路である。
■チュニスでの売却風景

f0035203_154212.jpg
・得られた経験など
f0035203_1505457.jpg

コンボのカテ1 3枚いらないんだけど・・・
[PR]
by yagdpanter | 2006-04-09 01:55 | 大航海日記

「『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。」


by yagdpanter