panterのまた~りブログ

panter.exblog.jp
ブログトップ

噂のバルパル交易

久しぶりの商人ライフを満喫している自分だが、今日はよく公式掲示板などで話題になっているバルパル交易というものについて自分なりの見解を述べたいと思う。
■バルパル交易とは
バルパル交易とは、バルセロナ→パルマor(バレンシア)の頭文字を取った交易路のことだが、港間が1日前後と近い上に両方とも領地なので吹っかけ、値切り回数が多くイスパニアの黄金路と言っても過言ではない。
主にバルセロナの火器類(大砲、火薬、砲弾、マスケット銃)、工業品(真鍮、鋼)が交易品として扱われるのだが、ここで大切なのは
この交易路のメリットを生かすためには1、会計・社交Rが低いと話にならない。2、火器、工業品取引を所持しているのは当たり前として、その他にも食料品、武具、繊維、香辛料、鉱石など多種類な取引を絡めないとよく言われているような高収益が出ないということだ。
そして何より現在この交易路を使っていて思うのは、パルマ火器暴落頻度かなり大、しかもパルマが暴落している場合皆バレンシアに向かうので、連動的にバレンシアも暴落する危険性が高いということだ。(;´д`) 
それでも暴落を回避できれば、高時給を出すことが出来るのでこれからもバルパル交易はイスパニアの大動脈となり続けるだろう。そして、他の商人の為に織物などで暴落調整してくれている有志がいることも忘れてはならない。
ちなみに、自分が大航海オンラインを始めたのはプレオープン当日からだったが、当時バルセロナには火薬、鉛鉱石、塩 パルマにも数種類しか交易品しかなく、最初からイスパニア人だった自分はイングランド同盟港のハンブルグでヒッソリと各種鉱石を磨いてお金を稼いでいたということを付け加えておく。
[1]バルセロナでの積み込んだ物
f0035203_2342534.jpg

(大砲はセビリアで積んだ物もあるので純粋には40個)
火器取引R6+3、工業品R5、工芸品R4+2、鉱石R6
[2]バレンシアでの売却値
f0035203_2346272.jpg

バルセロナで2回値引き、バレンシアで3回ふっかけした場合
[3]パルマでの売却例(値引き失敗した場合)
f0035203_23483933.jpg

見てもらえば分かるが、結構利益が安定しない交易路でもある(笑
[PR]
by yagdpanter | 2006-04-06 23:52 | 大航海日記

「『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。」


by yagdpanter